天竺奇譚 インドの夜風に吹かれましょう

トップページ インド神様 インドリンク  
アグニ
図像探し中 アグニ Agni

【アグニ】スーヌー、グラパティー
属性:天空神(東南方位)、古代神、火の神
持物:棍棒、松明など
乗物:牝羊


リグ・ヴェーダ時代からの火の神様。
燃え上がる炎は天に昇り、 ほかの神々への供物も願いも一緒に届けてくれるのです。 アグニというお名前は、サンスクリット語で「火」そのものを現すお言葉であったりします。
ヒンドゥー教に取り入れられた後、スカンダ様の出生にも関わってくる神様としても、
カマドの神様としても有名です。
そしてインドの核ミサイルの名前は…アグニです。


・ 神々へ供物を届ける聖なる炎。すべてを浄化する神。

.

古代インドから現代にいたるまで、火、炎はカミサマをお祀りするために
大変重要なものでした。
炎は大地から天へ上ります。また、天の稲妻からも発生します。
天と地をつなぐ媒体として、火はとても大切にされてきたのです。
そんな火のカミサマであるアグニ様は、 神々の世界と人間の世界を結ぶ橋渡し的な存在として
今でもお祀りなどには欠かせないカミサマです。

アグニ様の好物は、バターです。インドでは、カミサマにササゲモノをしたりお願い事をするとき
蒸留したバターでできた油(ギーといいます)を燃やします。
インドのお寺に行ったことがある人はわかるかもしれませんが、 お寺の中はお香と、なにか濃密で独特の香りがしますがこれは燃やしたバターのにおいだったりするんです。

また、炎はすべてを浄化する、という意味もあるらしいです。

昔、魔王の婚約者と恋におちた仙人が、彼女と一緒に逃げるとき、
うそがつけないアグニ様が、魔王に仙人の逃げた場所を伝えてしまいました。
その仙人はとても力がつよかったので、アグニ様が、二度と大好きなバターを食べられないように
「てめえなんか、二度とバターがくえねえようになれ!!」と呪いをかけようとします。

なんか微妙な呪いですが(汗
しかし、アグニ様はそんな仙人に言います。

「私がたべるバターは、神々やあなたの先祖への供物なんだよ。
なのに聖なるバターをたべるな、なんてよくそんなことがいえるな。
わたしがたべてるバターはふつうのじゃないんだぞ?」

それを聞いた仙人は、われにかえって呪いを訂正します。

「アグニ様がお食べになる食べ物はすべて浄化されますように!」

それから、アグニ様のたべる食べ物 (ていうか炎に燃やされるすべてのモノ)は
浄化されるようになったとか。

アグニ様は炎のカミサマでもあり、 カマドや台所のカミサマでもあります。 火で調理した食べ物はアグニ様のパワーをもらった食べ物は 聖なるものであり、台所は一家でも神聖な場所となります。
というわけで、おいしいお料理を作りたい方は ぜひアグニ様を拝んでください!

また、願いを叶えたい場合や、なんか気分がすぐれない場合も
アグニ様にお願いすると心身の浄化や願い事を天にもっていってくれるので
ありがたいでしょう。


おすすめ

古代インドが舞台の華やかな宮廷絵巻!

インド神話とヒンドゥー教

インド神様図鑑お姿全集

インド神様図鑑

神様図鑑トップページ
インド神話について
ヒンドゥー教ができたワケ
早分かりインド美術史
叙事詩「マハーバーラタ」のあらすじ
英雄譚「ラーマーヤナ」のあらすじ
女神信仰とシヴァ妃
タントラ・タントリズムについて
 
インド神様図鑑TOP インド神様お姿全集 シヴァ Shiva ガネーシャ Ganesa ムルガン Murugan ナンディン Nandin
パールヴァティ Parvathi ドゥルガー Durga カーリー Kali ミーナークシー Minakshi チャームンダー Chamnda マリアンマン Marianma
ヴィシュヌ Visnu ラクシュミー Lakshmi ジャガンナートJagannata ガルーダ Garuda クリシュナ Krsna ラーマ王子 Rama
シータ Sita ハヌマーン Hanuman ブラフマー Brahma サラスヴァティ Sarasvati カーマ Kama アグニ Agni
インドラ Indra ソーマ(チャンドラ) Soma ナーガ Naga ダーキニー Dakini アプサラス Apsara ガンダルヴァ Gandharva
           
インド神話の基礎知識 ヒンドゥー教の歴史 インド美術史 女神信仰とシヴァ妃 タントリズム マハーバーラタ
ラーマーヤナ          
           
天竺奇譚トップページ 天竺奇譚について インド☆リンク集      
Copyright (C) tenjikukitan. All rights reserved.