天竺奇譚 インドの夜風に吹かれましょう

トップページ インド神様 インドリンク  
チャームンダー
kami_image チャームンダー Chamunda

死をつかさどる女神

役割:死、病気、墓場、疫病を司る。
属性:シヴァ系。女神系。
住居:墓地
お姿:裸。 髪やお肌のお手入れ必要。 皮膚病気味。
持物:フクロウ、生首、その他ドゥルガーに近しい

黄泉の神ヤマ(閻魔様)の奥様、とも言われるが、
シヴァ様の奥様であるドゥルガーとの同一視されることが多い。

見た目、かなりこわいおばちゃんです。 やせやせで骨と皮だけ。お乳はたれさがってます。
墓地で死体のはらわた食べてます。 死体の上で踊ったりもします。


・ チャームンダーは死の女神。
.

ガリガリにやせた体、死体のはらわたを引きづり出して口に運ぶ姿、 体に蛇を巻き、乳はしぼんで垂れ下がっている。

とまあ、お世辞にも美しいとは言いがたい容貌なわけです。
お化けみたいにでかいバンヤン樹の下で、死骸の上で踊るわけです。
たまに、象の皮をかぶった姿でも描かれるのだけども、それは、シヴァ様の荒ぶるお姿「パシュパティ」に由来。

人が受ける苦しみを一身に背負う姿がキリストと重なる、と、 遠藤周作の「深い河」にも登場した女神様といえば
小説や映画知ってる人は思い出すかも。
あの話の中で、 チャームンダーは人々の苦しさを背負う役目を負っている、と説明されていましたが、
まさにそんなかんじですね。
普通、皆が隠したがる不吉で不浄な部分を、ここまでビジュアル的にあらわした神も少ないのでは。。。キモッ!

インドの神様には二面性があるというのは何度も書きましたけど、死があるから生があり、
それらは切り離すことができない。死を思わせるからこそ人はそれを信仰し、生への力を得ようとする。
といったところでしょうか。

この女神はシヴァの奥様の「ドゥルガー」とも同一視されてます。
てのは、「水牛の悪魔を退治する女神」というモチーフはドゥルガー女神にあったものじゃなくて、
もともとの起源はインドのマイソール地方、チャームンディー山あたりにあったみたいなので、
その山の神様がチャームンダーの語源だったようです。

つまりこのチャームンダー様も、他の女神と同じようにシヴァ信仰に取り込まれていた女神なのでしょうな。


おすすめ

古代インドが舞台の華やかな宮廷絵巻!

インド神話とヒンドゥー教

インド神様図鑑お姿全集

インド神様図鑑

神様図鑑トップページ
インド神話について
ヒンドゥー教ができたワケ
早分かりインド美術史
叙事詩「マハーバーラタ」のあらすじ
英雄譚「ラーマーヤナ」のあらすじ
女神信仰とシヴァ妃
タントラ・タントリズムについて
 
インド神様図鑑TOP インド神様お姿全集 シヴァ Shiva ガネーシャ Ganesa ムルガン Murugan ナンディン Nandin
パールヴァティ Parvathi ドゥルガー Durga カーリー Kali ミーナークシー Minakshi チャームンダー Chamnda マリアンマン Marianma
ヴィシュヌ Visnu ラクシュミー Lakshmi ジャガンナートJagannata ガルーダ Garuda クリシュナ Krsna ラーマ王子 Rama
シータ Sita ハヌマーン Hanuman ブラフマー Brahma サラスヴァティ Sarasvati カーマ Kama アグニ Agni
インドラ Indra ソーマ(チャンドラ) Soma ナーガ Naga ダーキニー Dakini アプサラス Apsara ガンダルヴァ Gandharva
           
インド神話の基礎知識 ヒンドゥー教の歴史 インド美術史 女神信仰とシヴァ妃 タントリズム マハーバーラタ
ラーマーヤナ          
           
天竺奇譚トップページ 天竺奇譚について インド☆リンク集      
Copyright (C) tenjikukitan. All rights reserved.