天竺奇譚 インドの夜風に吹かれましょう

トップページ インド神様 インドリンク  
マリーアンマン
図像・探し中 マリーアンマン Mariamman (南インド)
シータラー Shitala (シータラー)

死病と恐れられた天然痘や病気をつかさどる女神。
彼女を敬うことで、天然痘や悪病を祓ってもらうことができると信じられています。
南インド(タミル語圏)では「マリアンマ」北インド(ベンガル、パンジャブ)では「シータラー」と呼ばれていますが、
マリアンマは赤い服を着た美しい女神だけども、シータラーのほうはロバに乗った痘痕のある女神だったりするのでもしかしたらもともと違う女神なのかもしれません。
両方とも、シヴァの妃と同一視されて女神信仰に取り込まれてます。


おすすめ

古代インドが舞台の華やかな宮廷絵巻!

インド神話とヒンドゥー教

インド神様図鑑お姿全集

インド神様図鑑

神様図鑑トップページ
インド神話について
ヒンドゥー教ができたワケ
早分かりインド美術史
叙事詩「マハーバーラタ」のあらすじ
英雄譚「ラーマーヤナ」のあらすじ
女神信仰とシヴァ妃
タントラ・タントリズムについて
 
インド神様図鑑TOP インド神様お姿全集 シヴァ Shiva ガネーシャ Ganesa ムルガン Murugan ナンディン Nandin
パールヴァティ Parvathi ドゥルガー Durga カーリー Kali ミーナークシー Minakshi チャームンダー Chamnda マリアンマン Marianma
ヴィシュヌ Visnu ラクシュミー Lakshmi ジャガンナートJagannata ガルーダ Garuda クリシュナ Krsna ラーマ王子 Rama
シータ Sita ハヌマーン Hanuman ブラフマー Brahma サラスヴァティ Sarasvati カーマ Kama アグニ Agni
インドラ Indra ソーマ(チャンドラ) Soma ナーガ Naga ダーキニー Dakini アプサラス Apsara ガンダルヴァ Gandharva
           
インド神話の基礎知識 ヒンドゥー教の歴史 インド美術史 女神信仰とシヴァ妃 タントリズム マハーバーラタ
ラーマーヤナ          
           
天竺奇譚トップページ 天竺奇譚について インド☆リンク集      
Copyright (C) tenjikukitan. All rights reserved.