天竺奇譚 インドの夜風に吹かれましょう

トップページ インド神様 インドリンク  
ソーマ
図像探し中 ソーマ Soma

【別名】
チャンドラ
属性:古代神、天空神(月)
持物:杯
・甘露。アムリタ。神々の飲むお酒。不老不死の薬の神格化
・月の神様

ソーマ様のお名前は、飲めば不老不死になると言われているお酒の 「ソーマ」からきています。月の神様。


・ 不老不死の月の神様でございます。
.

ソーマ様のお名前は、飲めば不老不死になると言われているお酒の 「ソーマ」からきています。
ギリシア神話の「アムリタ」と同じモノで、カミサマたちはこのお酒を 得るために、魔族たちと一緒に海をかき回しました。

このソーマという飲み物、古代のバラモン教(ヒンドゥー教の前身)の僧たちが儀式のときに飲んでいた、お酒みたいな飲み物のことも指します。
ソーマ酒を飲むと神と交信できたり、インスピレーションが湧くらしいのですが、今はその原料はわかりません。 大麻じゃないか?ともいわれてますが、どうやら違うようです。
なんか草の液体を牛乳や水で発酵させたものらしいです。がよくわかりません。
ソーマについて興味がある人は漫画のスプリガンとか読んでみるとよいです。

ソーマ様は、月のカミサマとも言われています。
これはなんでかというと、 月の満ち欠けに関係しています。
月はカミサマ達が飲むソーマが詰まった容器であり、 カミサマ達が交代でどんどんソーマを飲んでいくから月には満ち欠けがあるんだ。という説があるのです。

また、ソーマ様、なかなかの強者。
月のカミサマというだけあってなかなかパワーもある。
カミサマ達の神官である仙人、ブリハスパティー様の奥さん「ターラー」様を誘惑して寝取っちゃったんですねー。 どんなパワーだか(汗

旦那さんは超怒って離縁! 「不倫なんかしやがって!!」 とターラー様を追い出してしまいます。

で。その奥さん、ターラー様は妊娠しちゃったんですよ。(ががーん)

その後彼女は争いをさけるためひっそり子供を産みますが、 その子はとてもすばらしい知性と美貌を備えた子供でした。 それをみた元夫は 「そ、それはどうみても俺の子だよ!」
と子供をとりあげようとします。
しかし、ソーマ様は「何いってるんだ?俺の子にきまってるだろ?」 とお互いゆずりません。
そのまま戦争になりそうだったので、あわててブラフマー様が仲裁にはいります。

「ターラーよ、この子供はどっちの子供だ?
言いづらいのもわかるけど、はっきりさせといたほうが子供のためにもいいぞ・・・?」

彼女はその後ゆっくりと口を開いてこういいます。
「この子はソーマ様の子供です。」

後にこの聡明な子供、月のカミサマの息子として地上に降り立ちますが
クリシュナ様の生まれた家系の始祖となってインドを長く支配したそうでございます。
長くなりましたが。

にしてもインドのカミサマたちって人間くさいというかなんというか・・・・

ソーマ様は不老不死のソーマ酒のカミサマ。
いまどき永遠の命を得たいとかいう人はいないでしょうが、 生涯健康に過ごしたい方はソーマ様をお祈りするのもいいかもしれません。 また、月のカミサマでもあるので、生理不順とか体のバランスが崩れてる方もおがんでおくとよいでしょう。


おすすめ

古代インドが舞台の華やかな宮廷絵巻!

インド神話とヒンドゥー教

インド神様図鑑お姿全集

インド神様図鑑

神様図鑑トップページ
インド神話について
ヒンドゥー教ができたワケ
早分かりインド美術史
叙事詩「マハーバーラタ」のあらすじ
英雄譚「ラーマーヤナ」のあらすじ
女神信仰とシヴァ妃
タントラ・タントリズムについて
 
インド神様図鑑TOP インド神様お姿全集 シヴァ Shiva ガネーシャ Ganesa ムルガン Murugan ナンディン Nandin
パールヴァティ Parvathi ドゥルガー Durga カーリー Kali ミーナークシー Minakshi チャームンダー Chamnda マリアンマン Marianma
ヴィシュヌ Visnu ラクシュミー Lakshmi ジャガンナートJagannata ガルーダ Garuda クリシュナ Krsna ラーマ王子 Rama
シータ Sita ハヌマーン Hanuman ブラフマー Brahma サラスヴァティ Sarasvati カーマ Kama アグニ Agni
インドラ Indra ソーマ(チャンドラ) Soma ナーガ Naga ダーキニー Dakini アプサラス Apsara ガンダルヴァ Gandharva
           
インド神話の基礎知識 ヒンドゥー教の歴史 インド美術史 女神信仰とシヴァ妃 タントリズム マハーバーラタ
ラーマーヤナ          
           
天竺奇譚トップページ 天竺奇譚について インド☆リンク集      
Copyright (C) tenjikukitan. All rights reserved.